ほにゃらば!

魔法先生ネギま!関連のブログです。頑張れチア&でこぴんロケット!

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古菲と一緒に登場したクラスメート

2006-07-30-Sun-00:00
クラスメート31人の各1人ずつに注目し、そのキャラと一番多く同じコマに登場したのは誰か、というのを調べてみました。

カウント方法はこちらをご覧下さい。

今回、赤松健作品総合研究所様の「魔法先生ネギま!」の登場頻度を参考にさせて頂きました。

今回は出席番号12番、”強い男が大好き”古老師こと古菲です。


○各巻の1位のキャラ

1巻:16回 佐々木まき絵 超鈴音 宮崎のどか
2巻:120回 佐々木まき絵
3巻:7回 長瀬楓
4巻:5回 和泉亜子 長瀬楓
5巻:21回 長瀬楓
6巻:21回 龍宮真名
7巻:37回 神楽坂明日菜 佐々木まき絵
8巻:44回 朝倉和美
9巻:11回 四葉五月
10巻:11回 龍宮真名
11巻:27回 龍宮真名
12巻:13回 長瀬楓
13巻:15回 長瀬楓
14巻:(一度も登場していません)
15巻:28回 早乙女ハルナ 長瀬楓
16巻:63回 神楽坂明日菜


○総合

表(古菲)

合計グラフ(古菲)


1位:286回 神楽坂明日菜
2位:238回 長瀬楓
3位:224回 綾瀬夕映
4位:214回 佐々木まき絵
5位:211回 近衛木乃香
6位:163回 宮崎のどか
7位:110回 早乙女ハルナ
8位:103回 桜咲刹那
9位:88回 朝倉和美
10位:84回 長谷川千雨
11位:71回 龍宮真名
12位:70回 雪広あやか
13位:65回 明石裕奈 鳴滝風香
15位:50回 鳴滝史伽
16位:49回 和泉亜子
17位:48回 超鈴音
18位:45回 大河内アキラ
19位:42回 エヴァンジェリン
20位:38回 椎名桜子 四葉五月
22位:31回 春日美空 村上夏美
24位:30回 釘宮円
25位:29回 那波千鶴
26位:26回 柿崎美砂
27位:25回 葉加瀬聡美
28位:22回 絡繰茶々丸
29位:8回 相坂さよ ザジ・レニーデイ


以上のようになりました。

上位4人はバカレンジャーの面々となりました。メインの図書館島の話での回数が非常に多かったです。また、刹那と真名も上位になり、武道四天王とも多く登場している事になりました。特に真名は他のキャラの時と比べてかなり多い回数です。

それに対して超一味との回数は思いのほか多くありませんでした。学園祭で超一味として唯一ネギ側についた事が一つと、超の登場回数自体が少ない事が影響しているのでしょうか?

と言っても28位の茶々丸ですら22回一緒に登場しているあたり、魔法寄りながらも全体的に結構均等に登場しているような印象を受けました。

(なお、ネギを含めると313回で1位となります。アルビレオの13回は(今のところ)最多です)


○バカレンジャーの回数の推移

バカブラックの夕映をリーダーとした最強の非勉強軍団・バカレンジャー。
古菲はその栄えあるバカレンジャーの食いしん坊イエロー担当なので、やはりバカレンジャーとの回数が多くなりました。

2巻は図書館島、7巻はまき絵メインの回

…スミマセン、4人分入れたら非常に見難くなってしまいましたm(_ _;)m

ある時ドカーンと回数が多くなるタイプが夕映、まき絵です。
楓はコンスタントに一緒に登場し、回数も多いです。
特に楓は(古菲が一度も登場しなかった14巻を除いた)15巻中14巻で一緒に登場しており、これは30人中最多です。↓のグラフでも「一旦4人中最下位になった後、ジワジワと追い上げ」ています。

明日菜はやや夕映・まき絵寄り?

混戦

こちらは各巻の合計を足していったグラフです。
2巻でドーンと増えているのは4人とも同じですが、特にまき絵がスゴイです。後半に回数が伸びていないにも関わらず4位ですから、それだけ武道会までの回数が多かったという事ですね。


○武道四天王の回数の推移

古菲・刹那・真名・楓は武道四天王。
楓はもとより、刹那と真名とも多く登場しています。

5巻はネギ争奪戦、6巻は鬼とのバトル

各巻の登場回数の推移を表したグラフです。
5、6、7巻でそれぞれ楓、真名、刹那が21回ずつ登場していますが、1人が多いと他2人の回数は少なかったりします。(6巻はそうでもないですが…)

真名が最も出る時と出ない時の差がハッキリしているかなと思います。回数が多い6巻ではタッグを組み鬼と戦い、11巻ではまほら武道会で対戦しているので、バトル編といえば真名といった感じでしょうか?

二極化から三者三様へ

こちらは各巻の合計を足していったグラフです。
楓は2巻の影響でダントツですが、刹那と真名は大して変わらなかったりします。
しかし、15・16巻で刹那と真名の差が広がりだしており、今後3人とも違う傾向になる可能性もあります。


○まとめ

・クラスメート編でまき絵とペアという傾向が結構強い
・バトルなら真名、平均すれば楓(?)
・超との回数が少ない≠繋がりが薄い

まき絵との多さが目を引く一方、超との回数が少なかったなぁという感じでした。

ただ、これは
・超の登場シーン自体がそれほど多くない
・超の登場回数が比較的多い教室のシーンでは逆に古菲があまり登場しない
という事が重なっての結果だと思います。ハカセのように登場回数そのものが少なくて、繋がりは深いんだろうけどあまり見えないようなキャラもいるので、ある程度回数が多くなければ回数と繋がりの関係は見えてこないのかなぁと思いました。

なお、まき絵とペアというのはネギま!で遊ぶさんの登場頻度でクラスタリングで既に実証されています。こんな高度な分析をされたネギま!で遊ぶさんはスゴイです!


次は近衛木乃香です。明日菜とは732回登場していましたが、刹那とはどのくらい登場したのでしょうか?

(2006/11/02 数値を16巻分に修正)
スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

TRACKBACK

ネギま関連サイト巡回(07/30)

■「ほにゃらば!」さん「まき絵」と意外と多いのがちょっと個人的には意表を衝かれました・・・前半の貯金かぁ・・古菲と一緒に登場したクラスメート

楓の ネギま!ニュース 「2006年7月30日」

・ネギま! ニュース●ネギま! 考察 「桜咲刹那は隙が多い」 [だってさ。お嬢]それでもカッコイイ時もあるからファンが多い●図書館島の休日 2日目メインキャラ別サークルまとめ [やくろあんてな]行きたいけど、行けない。悲しいです。●ネギま!で落語を覚えよう [バーチ
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。