ほにゃらば!

魔法先生ネギま!関連のブログです。頑張れチア&でこぴんロケット!

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ネギま!サイト管理人への11の質問」をやりました

2006-10-21-Sat-00:03
今日は一さんのブログ発祥のネギま!サイト管理人への11の質問。をやってみました。


すごいですね、私が「管理人さん」への質問に答えてますよ。

「管理人さん」なんてちょっと前まではサイトの長、雲の上の存在だと思ってたのに、いつの間にか自分がその「管理人さん」になっちゃってました。

何があるか分からないもんですね。


まあ、私自身がどのくらい「管理人さん」としての仕事をこなせてるかはよく分からないので、そこら辺は皆さんの判断にゆだねたいと思います。



前置きが長くなりました(汗)




1:あなたのHNとサイト(ブログ)名を教えて下さい。

「ほにゃらば!」というブログをやっております、八丁と申します。



2:あなたのネギま!歴は何年?

まだ1年も経ってないです。
約11ヶ月ってとこかな?



3:ネギま!にハマるキッカケは?

某絵師さんの夕映のイラストを見て「このマンガは何ぞ??」と思って知りました。
とりあえず1、2巻を買ってみたのですが、正直なところあまり面白くありませんでした。でも4巻から段々とストーリーが面白くなってきまして、気付いたら当時最新巻の12巻まで買ってました。
最新巻が無いならじゃあファンブックを買おう、ファンブックを買ったらネギラジも聴いてみよう・・・という感じでハマっていきました。



4:ネギま!関係のサイトを作るキッカケは?

きっかけとなったのは第5回ネギプリですね。
その予想を元々やってるブログで予想はしたのですが、友人が見てる日記ブログじゃ思う存分語れないし、そもそも友人はネギま!読んでないし・・・。
じゃあネギま!専用のブログを作ってしまおうと思って始めたのがココログの「ほにゃらば!」でした。



5:そのサイト名の理由は?

名前から桜子を応援してる事が伝わるような名前がいいなぁと考え、桜子らしさが良く出ている”桜子語”から拝借しました。
桜子語と言えばやっぱ「ほにゃらば」だと思ったのですが、そのままじゃあ何かなぁ・・・と。
それじゃあ桜子の元気な感じを出したいなと思いまして「ほにゃらば」に「!」をつけるという安直な発想で「ほにゃらば!」としました。



6:初めて好きになったネギま!キャラは誰?その好きになった理由は?

夕映です。
某絵師さんの絵を見て最初に気になったネギま!キャラだったので。
理由は・・・・・・って、ちょっと何言わせようとしてるんですか~ヤダなぁ(笑)



7:今現在好きなネギま!キャラは誰?その好きになった理由は?

桜子です。
元々やってたブログでやったネギプリ予想でたまたま当たったキャラだったのと、その順位が24位とあまり振るわなかった事でちょっと気になりまして、改めて桜子に注目して単行本を読み返してみたんです。
そしたら何で24位なのか不思議なくらい良キャラじゃないかと思ったんです。
それが好きになる、というか応援したくなるきっかけでした。

それでブログを始めて記事を書いていくうちに桜子のいろんな面が見えてきて、いつしか桜子無しじゃネギま!じゃない!くらい好きになってました。



8:一番好きな巻は何巻?

4巻です。
9巻も大好きなのですが、ネギま!にハマるきっかけとなった巻なのでここは4巻を。
あと「チア」としてですが、桜子のメイン話が収録されているので。



9:ネギま!で一番好きなセリフは?


「ほにゃらば」



と見せかけて「へぶぅ」です。



10:これからのネギま!に求めるモノは?

チアの出番増加を切実に・・・。



11:このバトンを誰に回しますか?

私がアンカーです。



いやマジでもう回す人ほとんどいらっしゃらないと思うので・・・。




バトンなのに自発的にやっちゃって良かったのでしょうか?(汗

ではでは、八丁ってこんな人間なのか~と少しでも理解していただけたら幸いです。
スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

TRACKBACK

アクセスアップツール「Pingoo!」がバージョンアップされました。

これがサイト維持への励ましになります。→ ランキングへ行こう10月よりPingoo!が大幅リニューアルいたしました。今回のリニューアルでは、デザインがリニューアルされただけでなく、Ping送信の確認やPingサーバーの追加登録が管理画面上から行えるようになるなど、Ping送
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。