ほにゃらば!

魔法先生ネギま!関連のブログです。頑張れチア&でこぴんロケット!

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あかしいなつみさんの記事を読んで

2006-12-09-Sat-02:51
あかしいなつみさんの記事「なぜ麻帆良学園の生徒は遅刻ギリギリで登校するのか」を拝見しました。
そうですよね、この登校風景は巨大な学園都市・麻帆良学園を象徴するモノですし、それと同時にナゾでもありますよね。

これについて私は”電車に乗って通学する”というポイントに注目してみました。
通学に電車を利用する場合、
 ・電車の来る時間
 ・電車の本数
というのが重要になります。
所要時間も重要ですが、ここでは考えない方向で、というか情報がなくて分かりません^^;
また、
 ”多くの生徒が利用する駅・麻帆良学園中央駅って何線の駅??”
という疑問もありますが、これについて2つのケースが考えられます。

ケース1:麻帆良学園中央駅=埼京線(川越線)の駅
麻帆良学園中央駅は埼京線の駅の一つで、通学に現在の埼京線をそのまま使用している、というケースです。
設定上は「通学電車=埼京線」と想定しているようですので、これが一番自然です。
埼京線か川越線かでまた違ってきますが、いくつかのシーンで川越線の一部区間をモデルにしたシーンが描かれているので、恐らく駅は川越線内にあるのでしょう。
通学時のワンシーンのモデルとなった指扇駅も川越線の駅です(ただし、指扇駅=麻帆良学園中央駅かは ? ですが・・・)ので、可能性は高いと思います。
(参考:赤松健作品総合研究所様の「魔法先生ネギま!」のモデル舞台写真(4)、および「魔法先生ネギま!」の裏情報(設定)


ケース2:麻帆良学園中央駅=埼京線(川越線)から分岐する、まったく架空の路線上にある駅
埼京線のどこかの駅から分岐する路線があって、そこに麻帆良学園中央駅がある、というケースです。
これだと埼京線沿線にはなりませんが、もし埼京線から直接乗り入れる電車があれば、これも一応「通学電車=埼京線」になります。
しかし、この場合はどんな運行パターンでも考えられてしまいます。
それこそ山手線のように次から次へと電車が来るような路線だとか。


以上の2ケースです。
って、ケース別に分けましたが、ぶっちゃけ麻帆良学園中央駅がどちらのケースであってもいいんです。
というのも、赤松先生はナイスな縛りを設けて下さっているからです。
通学列車
16時間目(3巻P.4)
これは通学時の一コマですが、線路がちょうど電車の真下あたりで一つに収束していますので、どうやら麻帆良学園へ向かう路線は単線のようです。
この電車がどっちに走っているのかは分かりませんが、とりあえず一ヶ所でも単線区間がある事が分かりますね。
単線というのは上り・下りの電車で同じ線路を共有するため、電車の本数が相当に制限されます。
山手線のような本数の確保はとてもじゃないですがムリです。
ちなみに川越線にも単線区間がありますので、結局どっちでも同じって事ですね。

遅刻ギリギリの時間に麻帆良学園中央駅に到着する電車が走っている事はすでに1巻で判明しています。
時計

これは1時間目(1巻P.12)の1コマなのですが、時計は7時55分頃を指していますね。
この設定が今も生きていればですが、始業は8時のようです。(早いなぁ)
となると、恐らく7時50分頃に電車が到着すると思われます。

この電車だけ混んでるとも考えられますが、何しろ麻帆良学園の生徒数は膨大です。
とても埼京線の電車1本だけで運びきれるとは思えません。
だから前の電車も混んでるハズなのですが、線路は単線。
その前の電車が10分以上前の電車、という可能性が考えられないでしょうか?
あまり間隔が開きすぎると生徒を裁ききれないでしょうから仮に10分間隔としますが(それでも単線としては多い方です)、朝の10分って大きいですよね。
だから10分以上早い電車に乗れず、遅刻ギリギリの電車に乗る生徒が多いのではないでしょうか?
で、その「多い」っていうのも、生徒数全体から見れば少しでも、生徒数そのものが多いから相当な数の生徒が遅刻寸前にダッシュしているように見えるのではと思います。


○結論
・多くの生徒が遅刻ギリギリに登校する理由は、生徒数に対して電車の本数が少ないためで、本数が少ないのは単線のせい
・麻帆良学園全体から見れば大した人数じゃないけれど、生徒数そのものが多すぎて遅刻ギリギリの生徒も多くなってしまう


ところで、もし埼京線の駅だった場合、埼京線の朝ラッシュ真っ只中に運行されているこの”麻帆良止まりの専用(らしき)電車”は大サービスの電車ですね。

千雨の証言
12時間目(2巻P.99)
ちなみに遅刻寸前じゃない日もあるようです。
当たり前といえば当たり前ですが。


ゐたるさんもおっしゃっているように、それだけ麻帆良学園が巨大だって事ですね。
単線というポイントに絞った推測ですが、実際のところどういった運行形態なのかはナゾですし、それが明らかになることは無いような気がします。

・・・そもそも単線じゃなかったとしてもこのシーンは描かれていた気がします(汗)
いずれにしても、”生徒数””電車通学”という二点が遅刻を誘発する要因だと思います。
スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

TRACKBACK

他サイト様更新記事

いつかは何かがあるさん携帯ネギま!サイトが来年から初月有料になる>これまでは入会した月は無料だったのですが、2007年01月からは入会した月から有料になるようです。来年からの入会は、有料とのことです。まだ今

楓の ネギま!ニュース 「2006年12月9日」

明日は「ネギま!?Magical X'mas」私も参加します!お会いされる方々よろしくお願いします。なお、それに伴って帰宅が次の日になってしまいますので10日のニュース更新は出来ない可能性大です。11日に「イ
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。