ほにゃらば!

魔法先生ネギま!関連のブログです。頑張れチア&でこぴんロケット!

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2巻まとめ

2006-04-05-Wed-23:00

7時間目から15時間目までが単行本2巻に収録されている話です。

結果をまとめてみました。

(→全体としてのまとめはこちら

 

7時間目: 単独:12(不明1を除きます) 複数:3

8時間目: セリフなし

9時間目: 単独: 1             複数:1

10時間目: セリフなし

11時間目: 単独: 4

12時間目: 単独: 8             複数:4

13時間目: 単独: 2

14時間目: 単独: 1             複数:1

15時間目: 単独: 4(不明1を除きます)

単独が32、複数が9ですので

"桜子は2巻で合計41回喋った"

ことになりました。(不明を含めると43となります)

また、1巻からの累計が単独: 50 (不明 6 を除きます) 複数: 18なので

"2巻までに合計68回喋った"

ことになりました。(不明を含めると74となります)

 

では、カラスさんのまとめを参考にして、他のキャラと比較してみましょう。(カウント方法が異なるので、結果の違いはあまり気にしないで下さい)

2巻はバカレンジャーと千雨、鳴滝姉妹、いいんちょのメイン話がありました。そのキャラ達のセリフの多さは当然なのですが、その次が桜子。しかも、あろう事か楓より多く、もう少しでしゃばれば頑張れば史伽にも届こうかという値。メイン話が無いにも拘らずメイン話のあったキャラ並に喋る桜子。

何だかすごいキャラに見えますね!セリフ数だけだけど!

ただ、美砂、くぎみーの少なさも気になります。チア三人組内でも扱いに差があるようで、更に言えばちょっとピンの印象が強くなっています。セリフが多いのは嬉しいのですが、チア三人組としての一体感が少し欠けているような気がして、個人的に何だか複雑な気分でもあります。

しかし、超は急激に減りましたね・・・。超に限らず、裕奈、亜子、のどかも激減し、中にはゼロになっちゃったキャラも。さよ、茶々丸、ザジは相変わらずゼロです・・・。図書館島の話の影響で仕方なかったのでしょうが、何だか1巻に比べ扱いに差があるように感じました。

 

○注目したい桜子のセリフ(ページ数は単行本2巻のものです)

1.ネギ君→ネギ先生→ネギ王子

ネギに対する呼び方が全く定まっていません。

2.ドンマイー♡(P.8  K.3)

これを聞くと何となく"スポーツをやってる人"という印象を受けるのは私だけでしょうか?それはともかく、学年最下位という現状をあたかも他人事のように言ってのけた後のこのセリフに「桜子語」の臭いを感じる・・・。

3.食券長者~♡(P.95  K.7)

これはどう見ても桜子語でしょう!桜子という人物を端的に表すセリフではないでしょうか?

4.委員長に10円!!(P.137  K.2)

1巻に続いて「○○に△△円」が出てきました。これも桜子語と捉えられますね。

 

他のキャラがセリフを減らした中で、メイン話も無いのに何故か増やした桜子。1巻に引き続き、またも大健闘でした。

以上、バカレンジャー登場と食券長者誕生の2巻を終わります。

スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。