ほにゃらば!

魔法先生ネギま!関連のブログです。頑張れチア&でこぴんロケット!

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美空と一緒に登場したクラスメート

2006-06-19-Mon-01:55
クラスメート31人の各1人ずつに注目し、そのキャラと一番多く同じコマに登場したのは誰か、というのを調べてみました。

カウント方法はこちらをご覧下さい。

今回、赤松健作品総合研究所様の「魔法先生ネギま!」の登場頻度を参考にさせて頂きました。

今回は出席番号9番、”電光石火のナゾのシスター”・春日美空です。


○各巻の1位のキャラ

1巻:13回 超鈴音
2巻:4回 和美 桜子 風香 史伽 あやか 五月
3巻:6回 超鈴音 鳴滝風香 宮崎のどか
4巻:6回 長瀬楓
5巻:1回 夕映 古菲 まき絵 超 楓 風香 史伽 聡美 あやか 五月
6巻:2回 長瀬楓 四葉五月
7巻:8回 神楽坂明日菜 四葉五月
8巻:3回 和泉亜子 鳴滝史伽
9巻:7回 桜咲刹那
10巻:(一度も登場していません)
11巻:1回 裕奈 亜子 アキラ 美砂 円 まき絵 桜子 あやか
12巻:4回 龍宮真名
13巻:35回 神楽坂明日菜
14巻:16回 神楽坂明日菜
15巻:14回 早乙女ハルナ
16巻:4回 (ココネ)

○総合

表(美空)

合計グラフ(美空)


1位:83回 神楽坂明日菜
2位:46回 超鈴音
3位:44回 和泉亜子 近衛木乃香
5位:41回 鳴滝風香 雪広あやか
7位:38回 鳴滝史伽 四葉五月
9位:37回 宮崎のどか
10位:36回 桜咲刹那
11位:35回 朝倉和美 椎名桜子
13位:32回 早乙女ハルナ
14位:31回 明石裕奈 綾瀬夕映 古菲 長瀬楓
18位:30回 佐々木まき絵 長谷川千雨
20位:28回 村上夏美
21位:26回 大河内アキラ
22位:24回 柿崎美砂
23位:23回 釘宮円
24位:21回 那波千鶴
25位:20回 龍宮真名
26位:15回 葉加瀬聡美
27位:10回 絡繰茶々丸 ザジ・レニーデイ
29位:5回 エヴァンジェリン
30位:4回 相坂さよ


以上のようになりました。

全体的に回数が少なく、またほとんど差がありません。その中で明日菜の83回がズバ抜けて多いですね。

メイン話を飛ばされてしまったりでずっと出番に恵まれず、ようやく巡ってきた”ナゾのシスター”としての活躍。その時にずっと明日菜と一緒に行動していたため、明日菜に関しては13巻以降に著しい伸びを見せていますが、他のキャラの回数にはあまり影響していません。しかし、ようやく15巻の超鈴音お別れ会で他の3-Aと多く、しかもモブとしてではなく7行にもわたるセリフと共に登場しました。

その代わりタカミチや愛衣、高音といった3-Aの生徒以外のキャラとの回数が多く、ただ一緒に描かれたというのではなくてしっかりと関わりを持っているのが特徴です。ちびせつなと一緒に行動した貴重なキャラでもあります。

あと、各巻の1位:1回という、ある意味驚異的な数字を2回も残したのも特徴です。

上位のキャラにはある共通点がありますが、それについては後述します。

(なお、ネギを含めると50回で2位となります。13、14巻の1位は明日菜ですが、明日菜も美空が1位という共通点もあります)


○明日菜とココネ

平均的な回数は少ない美空ですが、明日菜とココネは突出して多いです。

驚異的な伸び

特にココネは登場こそ12巻と遅いですが、13巻では53回でダントツ1位です。


○鳴滝姉妹の回数

”いたずら3人組”である鳴滝姉妹との回数なんですが、飛びぬけて多いというわけではありませんでした。
ぴったん


また、鳴滝姉妹同士で比較してみてもそれほど大きな差はありませんでした。
ぴったんたん

回数が少ないので結構変動があるように見えますが、実際は1回か2回くらいでほとんど同じです。

運動部仲良し4人組やチア3人と比べると、いつも一緒というわけではないようです。というか、一緒に登場したのって最初の登場シーンくらいでしょうか?


○回数と席順の関係

ここで回数と席順に関連性を考えてみたいと思います。
席順

2(3)-Aの席順はこのようになっています。
(風香と史伽の位置はよく入れ替わっており、どっちが本当の席なのか分からなくなっていますが…)

教室ではネギの方から生徒全体を見るシーンと、教室の後ろからネギの方を見るシーンがたびたび登場します。
その際によく描かれる位置というのがあるように見受けられました。
よく写る

線で囲った位置がそれです。
夕映と千雨、楓の後ろの風香or史伽、五月も入れてもいいかも知れません。

美空は”教室のど真ん中”という前からでも後ろからでも描かれる絶好のポジションに座っており、いろんな教室のシーンで描かれています。
これが回数に大きく影響しています。
以下は総合回数上位のキャラです。下線のキャラは線で囲った中に座っています。
1位:84回 神楽坂明日菜
2位:46回 超鈴音
3位:44回 和泉亜子 近衛木乃香
5位:41回 鳴滝風香 雪広あやか
7位:38回 鳴滝史伽 四葉五月
9位:37回 宮崎のどか
10位:36回 桜咲刹那
11位:35回 朝倉和美 椎名桜子

五月以外がみんな線で囲った中におり、席の近いキャラがそのまま回数の多いキャラになっています。
五月も枠こそ外れていますが、美空の隣。回数は多いです。

ちなみに五月は16巻中11巻で一緒に登場しており、これは31人中唯一で、最も多い巻数でもあります。五月の場合は教室のシーン以外でも修学旅行やボウリングの時に一緒にいるので、むしろ鳴滝姉妹よりもペアとしての印象が強いです。


逆に回数が少ないのが以下のキャラです。
下線のキャラは線で囲った中に座っています。
20位:28回 村上夏美
21位:26回 大河内アキラ
22位:24回 柿崎美砂
23位:23回 釘宮円
24位:21回 那波千鶴
25位:20回 龍宮真名
26位:15回 葉加瀬聡美
27位:10回 絡繰茶々丸 ザジ・レニーデイ
29位:5回 エヴァンジェリン
30位:4回 相坂さよ

20位:28回 村上夏美
21位:26回 大河内アキラ
22位:24回 柿崎美砂
23位:23回 釘宮円
24位:21回 那波千鶴
25位:20回 龍宮真名
26位:15回 葉加瀬聡美
27位:10回 絡繰茶々丸 ザジ・レニーデイ
29位:5回 エヴァンジェリン
30位:4回 相坂さよ


席が後ろ、もしくは端っこだと誰と一緒という以前にほとんど描かれていません。
エヴァ、茶々丸、ザジは本当に貴重です。

この中で真名は席順の悪さと出番の少なさの割にかなり頑張ったと思います。ちなみに12巻では真名(とココネ)としか一緒に登場していません。


結論:席順は教室のシーンの回数にかなりの影響を及ぼしている

これは和美や亜子も同じですね。
逆にアキラのように端っこの席だと教室のシーンであまりカウントできませんでした。


○まとめ

・回数は教室のシーンに影響されている
・実は教室編の中心は美空だった?
・さよの存在を知らない可能性がある

鳴滝姉妹がさほど多くなく、ペアとしての印象が薄かったです。隣の席の超との回数は今後伸びるのでしょうか?


次は絡繰茶々丸です。エヴァはもちろん、千雨がどのくらいの回数なのか気になります。

(2006/10/31 数値を16巻分に修正)
スポンサーサイト

COMMENT



2006-06-20-Tue-13:32
あれ?
10巻15ページの右下の風香と一緒にいるのは美空じゃない?

2006-06-20-Tue-14:07
研究所では10巻では出てないことになってますね
私の見間違いなのかな…

2006-06-20-Tue-19:50
TO.じあ.CYさん

10巻15ページですね?えーと・・・・・・あ、これは楓としてカウントしましたよ~。
下に垂れ下がっている長い後ろ髪が判別のポイントです。

でもパッと見誰か分かんないですね、あれ…(^^;)

2006-06-20-Tue-21:33
確認しますたorz
早とちりすみませんでしたorz
楓の白目はあんな感じになるのかw

2006-06-20-Tue-23:58
TO.じあ.CYさん

いえいえ~。
確かに楓の白目は珍しいですね(^^;)

コメントの投稿

TRACKBACK

ネギま関連サイト巡回(06/19)

■「ほにゃらば!」さん「美空と一緒に登場したクラスメート」・・・すんげぇ細かい(^_^;)・・・(私も頑張ろう^^;・・・)・・超意外と多いなぁ・・と思ったら・・席が隣なのか^^;美空と一緒に登場したクラスメー...
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。